h1_technique
text_sub-01

革新的な技術力で自動盤を使い、精密かつ緻密な部品を試作から量産まで短納期で立ち上げることが可能です。
そのためには、当社独自のツーリングと加工プログラムを駆使することです。
当社独自の技術により、より速く精緻な品物をお客様にご提供できます。
あくなき技術の追求とたゆまない努力により、コストパフォーマンスに抜きんでたあまたの自動車部品の量産を手掛けてきました。
今後ともチャレンジ精神を忘れずに、より高度なテクノロジーを目指して豊かな社会の実現のためにお客様と共に歩んでいきます。

技術力

独自のツーリングによる自動盤でのバリレス加工
従来2次加工が必要な六角穴やDカット加工を自社設計工具による自動盤加工により2次加工廃止

ニーズ バー材(丸棒)からの加工品 6角孔・Dカット
スリット孔部品
課題 自動盤加工→2次加工
⇒フロアスペースの使用大
⇒掴み替えによる品質不良
マシニング・ブローチ加工等
2次加工が必要
工法 独自のツーリングによる
自動盤でのバリレス1発加工
自社設計工具による自動盤
加工により2次加工廃止
成果 ・加工径 φ30.00以下
・最適加工径 φ2.00~φ20.00
・最適加工数量 10,0000個/月~
材質 S15C~S45C・真鍮
寸法 6H~10H

品質

自社ノウハウでの専用機メーカーと協業開発した
ローコスト・インライン自動検査機による品質保証

ニーズ お客様に安心と満足をいただける部品を提供する
課題 納入不良0%
100%良品を納入する
工法 自社ノウハウでの専用機メーカーと協業開発した、
ローコスト・インライン自動検査機による品質保証
目標 三重精機品質方針
・お客様へ業界No.1の製品を提供する
・お客様期待値を達成すべく最大限の努力をする

コスト

熱処理等の処理後の高硬度部品加工は内径研削盤が必要だが自社考案によるNC旋盤での内径切削・研削加工
新規立ち上り部品は開発段階から客先と協業したコスト低減活動を実施

ニーズ 熱処理後の内径加工品
(高硬度部品加工)
新規立上り部品
課題 内径研削盤が必要 VA・VEによる原価低減
提案力が弱い
工法 自社考案によるNC旋盤での
内径切削・研削加工
開発段階から客先と協業した
コスト低減活動を実施
成果 原価低減率:30%DOWNを達成 開発段階から原価低減活動を実施
原価低減率:40%DOWN達成